J's Journal

世の中の”面白いこと”や”楽しいこと”を発信するブログ

スポンサードリンク

タイ旅行 vol.7 ‐バンコクの夜で大人の遊び‐

f:id:ryohei_j:20150526223421j:plain

*当記事は2013年10月の記事を再編集したものです。

今回は風俗編だよー♪

普段は風俗なんて行かないけど、何事も経験ということで行ってきました。

最初はゴーゴーバーに行って、連れ出す勇気が無かったので見て終わり。

次の日はエロマッサージに行って、女の子と楽しいことしました。

タイの風俗について

ゴーゴーバーってのは、気に入った女の子を連れ出して本番ができるタイプのお店。

店の真ん中とかにステージがあって、下着姿で番号札をつけた子が何人も踊ってる。

客は椅子に座ってビールなんかを飲みながら、品定めをする。

気に入った子がいたら席まで呼んで、会話を楽しむ。

そして、ホテル行こうよと誘い出す。

そんな感じのお店です。

店によってはホテルというか簡素な個室が併設されてたり、女の子がトップレスだったりとそこらへんはまちまちらしい。

ビール飲むだけでも大丈夫だし、そんなビビらなくてもOK。

 

マッサージは最初は普通にマッサージをしてくれるんだけど、徐々に股間に手が伸びてあれよあれよと言う間に合体って感じ。

タイには古式マッサージとか健全なのもあるけど、店の雰囲気が全然違うから間違えることはないと思う。

お相手は受付でプロフィールが書かれたアルバムを見て選べる。

本番ができることを考えると料金はそんなに高くない。

王道・ゴーゴーバーへ

僕は最初はナナプラザっていうゴーゴーバーが集まってる建物に行った。

ネットとか雑誌の情報だといくつか有名なエリアがあって、その中でもナナプラザが行きやすいし人気みたいだったから。

行ってみると予想以上に日本人が多くてびっくりした。

欧米人とかもいるんだけど、9割くらいが日本人だったと思う。

 

適当にウロウロした後、一軒のゴーゴーバーに入ってみた。

どういうところかは何となく理解してたけど、やっぱり生で見ると衝撃を受ける。

世界にはこういうとこがあるんだなあっていう衝撃ももちろんだけど、女の子がかわいいっていう衝撃の方が遥かに大きかった。

だって、街を歩いてるタイ人ってマジでみんなブスなんだもん笑。

全然期待してなかったのに、ステージ上の女の子はほとんどみんなかわいい。

整形かどうかとかはわからんけど、タイ人も悪くないじゃんと思った瞬間である。

席についてビールを飲みつつ、品定めをして、目星をつけたところで…指名なんてできないわっ!

タイ語はおろか英語すら全然しゃべれないし、そもそも母国語とか関係なしに初対面の人と話すのが苦手な僕。

ビールを飲み終わったところで、店を出ました。

チキンだわーこんなんじゃダメだってわかってるけど、無理だったー

 

その後ナナプラザ内をウロウロしてて、一度通った店の前を再度通ったら、客引きの女の子に「ニカイメダヨ!」って言われて結構恥ずかしかった。

そして、恥ずかしかったからそのままホテルに帰った。

ちなみに料金は自分と相手の飲物代とホテル代で3,000バーツくらいじゃないかな。

いや、もっとするかな。わからんけど、だいたいそのくらいだと思う。

翌日はマッサージへ

場所はプロムポン駅の近くの101 Premier Massageってとこ。

ソイ26っていうエロマッサージ店が集まる通りがあって、そこの突き当り。

新しくてお店らしくきれいだったのと、日本語のHPがあったのが決めて。

料金は2,500バーツくらいだったと思う。

 

店に入ると、受付のとこでソファーに座りつつアルバムを見て女の子を選ぶ。

プロフィール欄には「英語:○ 日本語:×」とか書いてあったから、言語に全く自信が無い僕は、顔とかスタイルよりもまずは「日本語:○」な子を選別。

数人に絞った後で、今後は顔とスタイルを基準に一人に決めた。

受付に伝えて少し待つと奥から女の子が現れた。

案内係かなーと思ったけど、自分が選んだ子だった笑。

写真と違うじゃねーか!スタイルも普通だし!笑

いや、写真と実物が違うなんてわかってたし、実物も結構かわいかったけどね。

 

ベッドと小さいシャワールームがあるだけの部屋に通されて、まずはシャワータイム。

相手が普通に体を洗ってくれるんだけど、その時点で結構興奮しました。

先にシャワーから出てベッドに横になってると、嬢も出てきてマッサージがスタート。

ローションを使って足から始まって腕とかまでやってくれる。

その後仰向けになって、お店のウリでもある局部のマッサージが始まるんだけど、これがまたねーすげー気持ちいいんだ笑。

そっから先はまあ予想通り、本番、再びシャワー、ちょっとしゃべって終わりって感じ。

 

嬢は多少日本が話せるみたいだったけど、そっけないし、話振ってこないし、こっちとしてもタイ人風俗嬢との共通点なんて皆無だから何も話すことなかった笑。

仕事初めて3か月って言ってから、嬢の質としては外れだったんだろうな。

もっとマッサージが上手くて愛想がいい子もいたはず。

いまさら文句を言うつもりはないけど。

タイの風俗に行ってみて感じたこと

日本人のオッサンどもは海外に来てまで何してんの…?ってのが一番大きい。

自分も行ったんだから人のことは言えないし、価値観は人それぞれだけど、数万円を費やす程楽しいとは思えなかったな。

会ったばかりで共通点も何もない相手とSEXしても、そんなに楽しくない。

もちろん相手は若くてきれいな子だし、初めての体験だから興奮するんだけど、終わった後の虚しさも大きいし、そのお金があれば他にもいろいろ経験できたはず。

そう考えるとコストパフォーマンスが悪すぎる。

病気とかぼったくられるリスクもあるし。

 

というわけで、貴重な経験になったし、話のネタにもなるし、行ったことは全く後悔してないけど、よく考えていくべきだね!

タイの風俗は有名だから、ネットで検索すればいろいろ情報が出てくるし、大きい本屋の旅行雑誌のコーナーに行けば雑誌もいろいろある。

興味がある人はそっちで詳しく調べてみてねー