J's Journal

世の中の”面白いこと”や”楽しいこと”を発信するブログ

スポンサードリンク

タイ旅行 vol.4 ‐三大寺院観光‐

 f:id:ryohei_j:20150516163759j:plain

*当記事は2013年9月の記事を再編集したものです。

ついにバンコク観光編に突入しまっせー

こっから先は時系列じゃなくて、いくつかのカテゴリに分けて書いてくよー

その方がわかりやすいだろうし、何日目にどこいったとかあんま覚えてないんだよね。

昼近くまでホテルでだらだらしてたり、博物館行ったら休館日だったりということもあって、時系列に沿って書いてたらつまんなくなりそうだし。

今回のテーマは寺院!

タイは国民のほとんどが熱心な仏教徒で、寺院の数も多い。

3つの有名な寺院に行ったんだけど、どれもすごいよかった。

 まずは、ワット・プラケオ!

f:id:ryohei_j:20150516163450j:plain

タイで一番格式高い寺院で、建物も装飾も立派で参拝者とか観光客も多い。

もうね、とにかく金ピカ。豪華絢爛とは正にこのこと。

f:id:ryohei_j:20150516163553j:plain

晴れて日差しが強かったから、より輝いて見えたな。

f:id:ryohei_j:20150516163644j:plain

敷地は広くて、奥に進んでたまたま周りに誰もいない状況で歩いてたら、過去にタイムスリップしたような気分になった。

ワクワクしつつ落ち着くんだな。

行く時に気をつけるのは服装と時間帯ね。

タンクトップとかハーフパンツみたいな露出が多い格好だと入れない。

正確にはタダで服を貸してくれるから入れなくはないんだけど、観光客という立場上そういうマナーには注意を払うべきだと思う。

詳しくは地球の歩き方を見たり、ググってください笑。

時間帯は午前中がいいと思う。

単純に午後は暑いし人が多い。

続いてワット・ポー!

f:id:ryohei_j:20150516163926j:plain

ここは涅槃仏っていう横になった仏像で有名。

f:id:ryohei_j:20150516164031j:plain

で、でかい…!

マジでデカい!!!

全長46mだって。

お金を払うと小鉢に入った大量の小銭をもらえる。

f:id:ryohei_j:20150516164157j:plain

それをちょっとずつずらーっと並んだ鉢に入れてく。

これでお手軽に徳を積んだことになるんだろうな。

f:id:ryohei_j:20150516164258j:plain

f:id:ryohei_j:20150516164324j:plain

最後はワット・プラケオ!

三島由紀夫の小説『暁の寺』にも出てくるらしいんだけど、読んでないからわからん笑。

f:id:ryohei_j:20150516164501j:plain

渡し船で川を渡って行きます。

いかにもアジアって感じで良かった。

これまたデカい。

f:id:ryohei_j:20150516164615j:plain

割と上の方まで登れる。

f:id:ryohei_j:20150516164702j:plain

ただ、階段はかなり急で、手すりが無いときつい。

下りだと結構緊張しちゃうレベル。

上かの眺めはなかなかの絶景!

f:id:ryohei_j:20150516164755j:plain

風が気持ち良かった!

今回はここまでー!

暁の寺―豊饒の海・第三巻 (新潮文庫)

暁の寺―豊饒の海・第三巻 (新潮文庫)

 

 

広告を非表示にする