J's Journal

世の中の”面白いこと”や”楽しいこと”を発信するブログ

スポンサードリンク

写真教室に通ったら写真が上手くなって友達もできた!須田誠写真教室①

須田誠先生の写真ワークショプへ

f:id:ryohei_j:20160417145455j:plain

3年前の初めての海外旅行をきっかけに写真を撮り始めた僕ですが、「もっと上手くなりたい!」「写真仲間が欲しい!」という思いが強くなり、写真教室に通った。

僕が選んだのは、須田誠という方が開催している写真教室です。

須田さんという写真家や写真教室のことは以前から知っていて、通いたいと思っていたんだけど、授業が平日開催で、仕事がある僕はずっと行くことが出来ず、日曜開催を待つこと早1,2年…

やっと念願叶って日曜クラスが開催され、初級クラスとその上の表現クラスに通ったので、その様子や感想をお届けします!

須田誠という男

まずは、講師の須田誠という男について。

東京出身。28歳で10年間勤めた会社を辞めNYに二年間滞在。34歳の時、世界放浪の旅に二年間出る。放浪中に初めて一眼レフと出会い、旅をしながら独学で勉強。帰国後写真展を繰り返し、2007年『NO TRAVEL, NO LIFE』でデビュー。

著書『NO TRAVEL, NO LIFE』は、多くの若者より支持を受け、写真集としては異例の現在第5刷・25,000部を突破!! ニューヨークにあるNY近代美術館 MOMAでも発売される。

EXILE、Omara Portuondo(映画ブエノビスタ・ソーシャルクラブ)、高橋歩、等、多くのアーティストとコラボ。

現在、毎月開催されている『須田誠 写真教室』は、2016年で5年目、60期生を迎え700名を輩出する。

公式HPからガッツリ引用させていただきました笑。
読んでお分かりの通り、写真学校に通ったり、写真家に師事した経験はありません。
バックパッカーとして世界を旅する中で独学で学び、そのまま写真家になったのです。

実際に会って話してみるとわかるのですが、非常に気さくで、熱い方です!
一度きりの人生を無駄にせず、楽しく好きなことをして生きることをモットーにしていて、とてもエネルギッシュ!

著書『NO TRAVEL, NO LIFE』は超おすすめ!
心にグッとくる世界の風景や人物の写真と、添えられた文章が素晴らしく、読んでいると旅に出たくなるんだ!

まずは初級クラスへ

初級クラスは週に一度、全5回の構成で、カメラの構え方や絞り、シャッタースピードなどの基礎を学びます。
その中で何よりも重視するのが、己の気持ち!

写真とは人生そのものだ!

写真にはアナタの人生が表れる!

須田先生が何度も言っていた言葉。
最初は大げさだなあ…と思っていましたが、後々その通りだと実感します…

最後はストリートスナップに挑戦!

知識や技術と共に、写真を撮るとはどういうことかという哲学的な、メンタル的な部分も学びつつ、4回の授業が終わると最後は実践編!
何をするのかというと、原宿や渋谷の街を歩く人に声をかけて写真を撮らせてもらうのです!

刺激的で楽しいけどツラい!

ツラいけど刺激的で楽しい!

最初は2,3人のグループで行動し、声をかけていきます。
「写真を勉強していて、アナタの写真を撮らせて欲しい」と伝えると、意外と撮らせてくれる人が多く、人の心のあたたかさに感動します笑。
そして、最後は一人ひとり単独で行動。
断られる確率がグット上がるのですが、その分撮らせてくれた時の喜びも大きいです。
撮らせてくれた渋谷で出会った方々…本当にありがとうございます!笑

夕方になると、教室に戻って各々のベストショットを発表して終了です。

濃密な授業と得られた経験

実践編を含めて全5回の授業はあっという間でした。
ですが、とても濃密な時間を過ごしましたし、得られた経験もとても貴重なものです。

特に実践編ね!
「声をかけてコミュニケーションをとり、その場の状況や相手によってカメラの適切な設定を決め、素敵な表情をとらえてシャッターを切る。」
想像していた以上に難しいんだ!
でも、同時に楽しかった!
写真を撮るって楽しいって改めて思った!

それと、実践編を経験すると、度胸がつく。
撮りたいけど、周囲の目が気になって撮れないってことがあるじゃん?
そういう思いが少なくなったのも実践編の効能の一つ。

時はどんどん流れていって、撮りたいと思った瞬間に撮らないと、後悔する。

これも須田先生の言葉であり、写真を撮っていると何度も実感すること。

友達もできた!

教室に集まる人の共通点は、旅が好き、明るくて社交的、アウトドア派といったところだろうか。
授業の後には交流会ということで、食事を食べつつお酒を飲みながら仲良くなる場が設定されているので、打ち解けるのは早かった。

おわりに

関東圏に住んでいて、写真に興味がある人、写真仲間が欲しい人には絶対におすすめ!

ぜひ行ってみて!

次回は、写真集を作るのが目的の表現クラスについて!

travelfreak.jp

広告を非表示にする