J's Journal

世の中の”面白いこと”や”楽しいこと”を発信するブログ

スポンサードリンク

退職してセブ島に留学します!目指すは英語を話せるエンジニア!

f:id:ryohei_j:20160820190619j:plain

2016年9月20日(火)をもって、新卒で入社した会社を辞めました。
10月16日(日)にフィリピンはセブ島に渡り、翌日17日(月)から英語とプログラミングを学びます。
期間は5ヶ月間で、2017年3月11日(土)に帰国の予定です。
その後は、東京のどこかのITベンチャー企業に入社し、Webエンジニアとしてのキャリアをスタートさせたいと思っています。

留学の動機

英語を話せるようになりたい

僕はこれまで一人で6カ国を旅行しました。
英語が全く話せない状態でです。
旅行はそのどれもが素晴らしいものでしたが、もし僕が英語を話せていたら、もっと人とコミュニケーションがとれたし、旅行先の国の文化や歴史を深く理解できたことでしょう。

このまま、ただガイドブックに沿って有名な観光地を巡って、写真を撮るだけの旅行を繰り返したって何になるんだ!

そんな風に考えて、英語を話せるようになりたい思いました。

ITの世界で仕事をしたい

僕はインターネットが大好きです。
インターネット上に存在するコンテンツやカルチャーが大好きです。

自らもインターネットを通して世の中の人を楽しませたい。

これも昔から考えていたことです。

NexSeedとの出会い

nexseed.net

そんな時に見つけたのがネクシードの広告です。
フィリピンのセブ島で英語とプログラミングの両方を学ぶことが出来るという謳い文句を見て、これだ!と思いました。

僕が惹かれたエンジニア留学というコースは、3ヶ月間かけて、英語とプログラミングの両方を学ぶというカリキュラムです。

無料相談という形でスタッフの方と電話で話をしたりしながら、実際にいつ行くのか、お金はいくら必要なのかということを具体化していきました。

出発は10月!期間は5ヶ月間!

英語のみを学ぶのであれば、1週間単位で自由に期間を設定できるのですが、エンジニア留学コースは、期間が3ヶ月と決まっていて、開始時期も年に数回となっています。

僕は夏のボーナスを貰ってから退職し、秋頃から行きたいと思っていたので、11月開始に決めました。

しかし、11月からだと退職してから少し時間が空いてしまうのと、英語を学ぶ時間が短いことが不満だったので、エンジニア留学の前後1ヶ月間で英語のみを学ぶことにして、留学期間は合計で5ヶ月間としました。

4年間勤めた会社を退職

僕は新卒で中堅ゼネコンに入社し、今までずっと働いてきました。
就職活動中はこれといってやりたい仕事などが具体的に決まっていたわけではなく、数多くエントリーした中でたまたま内定をもらえた会社に就職したというのが実情です。
実際に働いてみることで、会社に対する不満や、自分がやりたいこととやりたくないこと、できることとできないことが徐々にわかってきました。

退職を決意した理由は、英語とプログラミングを学びたいという理由以外にもあります。

一つ目は、会社内でやりたい仕事や就きたいポジション、尊敬する先輩や上司を見つけられなかったからです。

二つ目は、ゼネコンや街づくりといったことにやりがいを見いだせなかったからです。

そんな状態で仕事を続けていても、楽しい人生を送れるとは思えませんでした。

給料は人並みにもらえて、休みもあったし、パワハラなどは無いという環境だったので、恵まれてる方なのかな?とも思いましたが、一度きりの人生です。
20代の今、チャレンジしなければいつチャレンジするのか?
自らにそう言い聞かせて、退職と留学を決心しました。

これから

f:id:ryohei_j:20160820191004j:plain

セブに出発するのは10月16日なので、今は札幌の実家に帰ってきています。
就職を機に上京してからは年に1回程度しか帰省していなかったので、家族や友人とゆっくり過ごす日々です。

ゆっくり過ごすと言いつつ、バイトをしてお金を稼がないといけません。
なんせお金が無いので。

もちろん、英語とプログラミングの勉強もしないといけないし。
英語は中学生レベルだし、プログラミングは未経験。
少しでも基礎を作っておかないと。

今後の当ブログは、セブ島留学に関するエントリーが主になります。
基本的にはそれしかネタが無いからね。

これからもよろしくお願いします!

広告を非表示にする