J's Journal

世の中の”面白いこと”や”楽しいこと”を発信するブログ

スポンサードリンク

セブ市街のカウントダウンの花火が盛大すぎた!!

明けましておめでとうございます!

さよなら2016年、よろしく2017年!

現在、セブ島に留学中の僕は、セブ市街の高層ホテルのテラスで年を越しました。

フィリピンの年越といえば、いたるところで打ち上げられる花火が有名です。

その花火が想像以上にすごかったので、写真と動画で紹介しますね。

フィリピンの年越しは花火や爆竹がヤバい

事前にインターネットで見たり友人から直接聞いて知っていたのですが、12月31日の夜はとにかく花火や爆竹がいたるところで炸裂するので、うるさいし、怪我人も出ます。

フィリピン人は、年明けの挨拶として「ちゃんと指はあるか?(=花火や爆竹で吹っ飛んでないか?)」と聞くという話もあります笑。

ちなみに、飲食店やクラブ、コンビニなどは日本と同じように営業しているようです。

オススメは鑑賞スポットはクラウンリージェンシーホテル

前述のように、いたるところで花火が打ち上がるので、地上でも屋内でも割とどこからでも見れるはずです。
したがって、出かけたくない方や人混みが嫌という方は、滞在している建物の屋上や近くのレストランなどに行くのが手っ取り早いでしょう。

ですが、カウントダウンや花火を楽しみたい!という方にオススメなのは、クラウンリージェンシーホテルです!

理由は下記の3点

  1. 市内でトップクラスの高さのため、夜景や花火を一望できる
  2. マンゴースクエアの近くという好立地のため、滞在先やクラブへアクセスしやすい
  3. スカイウォークやエッジコースターなどのアクティビティも楽しめる

トップスという選択肢もありますが、遠くて不便ですね。
まあ、僕はそもそも行ったことないんですけど。

これがクラウンリージェンシーでの年越しだ!

花火やカウントダウンを楽しめればOKか、アクティビティや食事も楽しむかで行く時間が変わりますが、前者であれば11時前後に到着すればちょうどいいでしょう。

39階まで行くには、エントランスフィーが必要です。
金額は忘れてしまいましたが、200ペソくらいだったはず。

39階に着いたら、外には出ずに、さらに階段を登って上に行ってください。
通常はアクティビティ参加者のみが行けると思われる通路や上階が開放されています。

これがそこからの眺めだ!

f:id:ryohei_j:20170102135014j:plain

なかなかキレイかつ壮大な夜景ですね。
クラブミュージックが流れてて人が多いので、ロマンチックというよりは、クラブのような雰囲気でした。

そしてこれが花火の動画だ!

11時半を過ぎた頃にはもう各地で打ち上げられて、どんどん数が増えていきます。
これは年越し直前の11時58分ごろの動画です。
なんていうか…最高にバカですよね笑。

ウボォーさん 聞こえますか
オレ達から貴方へのレクイエムです

このセリフとシーンを思い出さずにはいられませんでしたよ笑。

新年になった瞬間には、クラウンリージェンシーからも花火が上がります。
距離がめちゃく近くて、目算で20mも離れていなかったと思います。
そのせいで少し怖いし、燃えカスがパラパラ落ちてきます笑。

おわりに

0時10分くらいは花火が落ち着いたので僕は帰宅しましたが、まだまだ飲んだり遊びたい!って方はマンゴースクエアの方に向かうといいでしょう。

来年以降、セブで年を越す方の参考になれば幸いです。

それでは今回はこれでおわり!

広告を非表示にする