J's Journal

世の中の”面白いこと”や”楽しいこと”を発信するブログ

スポンサードリンク

RICOHの高級コンパクトデジカメ、GR Ⅱを買って3ヶ月たってのあれこれ。

去年の12月中旬にGR Ⅱを買った

f:id:ryohei_j:20160320134533j:plain

GR Ⅱは高級コンパクトデジカメにカテゴリされるカメラで、コンパクトなのに大きくてゴツい一眼レフカメラに匹敵するほど写りが良く、気軽に持ち歩いて撮影するにはピッタリの機種。

デメリットといえば、少々お高いこと(もちろんもっと高いカメラはたくさんあるけど)と、搭載しているのが単焦点レンズというもので、ズームができないということだろうか。
でもそもそもカメラというのは一長一短で、全ての欲求を満たす完全無欠の機種なんて存在しない。
自分に必要な機種を見極めて使うことが大切であり、楽しみでもあるのだ。

www.ricoh-imaging.co.jp

6Dは機動力に欠ける

去年の4月にCanonの6Dという機種を買って以来、どこかに出かける時にはそれで撮っていた。
とても写りが良くて、素晴らしい機種なんだけど、その分大きくてゴツいし、周囲に人が多くいると撮るのが憚れることもある。
サブ機として高級コンデジが欲しいなーてかGRがほしいわーと秋頃からずーと思っていた。

cweb.canon.jp

価格コムを眺める日々

GRシリーズは定期的にバージョンアップした製品が発売されていたし人気機種だったので、なかなか値下がりはしない。
ひとつ前のGRでもそんなに性能は変わらないけど、どうせ買うなら最新機種を!ということで、GR Ⅱを買った。

kakaku.com

久しぶりのGR

実は3年位前に写真に興味を持ちだして、GRを買ったことがある。
「ズームは出来ないが、その分写りが良くて、通好みな機種」という認識だった。
実際に使ってみるとズームが出来ないというのは想像以上に不便で、初めての海外旅行とかいろいろな場面で撮ったけど、しばらくしてから売ったのだった。

それからズームが出来るコンデジや単焦点レンズを装着した一眼レフを使ってきて、またGRに戻ってきた。
今度こそは存分に使いこなせる自信がある。

期待に応える素晴らしい機種

f:id:ryohei_j:20160320134650j:plain

実際に使ってみると、やはり素晴らしい!
写りだけでなく、片手であれこれ設定できる操作性などにも、よく考えられているのだなと感動する。

Wi-Fi機能

f:id:ryohei_j:20160320135112j:plain

GRで撮るのはグルメ写真が多いのだが、撮った後にすぐにスマホに転送して、インスタに上げられるというのはなかなか便利だ。

いろいろ試してみたい

f:id:ryohei_j:20160320135318j:plain

だいたいいつも絞り優先で露出を調整する以外はスタンダードな設定で撮っている。
ハイコントラスト白黒など、いろいろな色調や機能を使いこなしたいなー

ケースとストラップ

家電量販店で見て回って悩んだ結果、どちらも純正を購入した。
どちらも黒のレザー製なのだが、シンプルで大人っぽい感じがいい。
周りから見て“こいつわかってるな”という雰囲気が出ていると勝手に思っている笑。

おわりに

一度は手放してたGRだけど、今はとても楽しく満足して使っている。
これからもGRで僕の記憶や視点をたくさん遺していきたい。

f:id:ryohei_j:20160320135949j:plain 

BRUTUS(ブルータス) 2016年 3/1 号 [雑誌]

BRUTUS(ブルータス) 2016年 3/1 号 [雑誌]