J's Journal

世の中の”面白いこと”や”楽しいこと”を発信するブログ

スポンサードリンク

2016/10/25 セブ島留学日記 英語がわからず苦労する日々!

会社を辞めてセブ島に5ヶ月間留学し、英語とプログラミングを学ぶことにした僕ですが、ついにセブ島に来ましたよ!

10月16日(日)に到着して、翌日の月曜日はオリエンテーションや実力を測るテストを受けて終了。
火曜日から本格的に授業がスタートし、初めての休日なども一通り経験して今に至るという感じです。

自分のモチベーション維持と、経験談が誰かの役に立てばという思いで、当ブログでは今後はつらつらと日記も書いていきます!

NexSeedと僕の留学について

これは以前も書いたことと一部重複しますがもう一度。

www.js-journal.com

セブで僕が入学した学校はNexSeedというところで、英語だけでなくプログラミングも学習することができるというのが一番の特徴です。 
セブを中心にフィリピンには数多くの英語学校がありますが、プログラミングを学習できるのは恐らくNexSeedだけでしょう。

僕の場合は英語に時間をかけたかったので、1ヶ月目は英語のみ、2〜4ヶ月目は英語とプログラミングを半分ずつ、5ヶ月目は再び英語のみを学習するというカリキュラムを設定しました。

一週間授業を受けてみて

ただただ、己の無能さを実感し、絶望しています笑。
大学受験や海外旅行などは経験していますが、英語が苦手で全く話せず、ろくに予習もしないで来たもんだから大変ですよ…笑。

一日の授業は1コマ50分が全6コマで、そのうちマンツーマンが4コマ、グループレッスンが2コマという構成で、常に何かを話すことが求められます。
日本の学校の授業のようにテキストを使って問題を解くといった時間は非常に少なく、実践的な会話を通してリスニングやスピーキングの力を身に着けようというスタイルです。

ですが、僕はそもそも相手の言っていることがなんとなくしか理解できません。
相手の問いかけに応えようにも、語彙力がなさすぎて何と言っていいかわからないという状況です。

どうにかこうにか基礎からゆっくりと時間をかけて勉強しているので、予習復習に時間をかけて頑張らないと、実力は伸びないだろうなぁという感じでございます。

日常的な生活とか

コンドミニアムと呼ばれる中〜長期滞在者向けのマンションのようなところに住んでいます。
学校側が用意してくれた物件で、生徒以外にもいろいろな人が住んでいるようです。
近くには飲食店やコンビニ、クリーニング店などがありますので、不便はしません。

NexSeedの生徒と二人一部屋で生活しているので、同室の彼や、同じ日に入学した同級生(バッジメイトといいます)と外食することもあります。

部屋の設備や食事など、細かな不満はありますが、特に気になりません。
東南アジアを旅行した経験から、だいたいわかっていたことです。

おわりに

今回は、フィリピンへの留学を考えている方への具体的なアドバイスや、役に立つ情報は全然なかったですね笑。

もう少し時間が経って、気持ちと時間に余裕ができて、いろいろなことがわかってきたら、有益な情報を発信していきたいと思います。

今度もどうぞよろしくお願いします!

広告を非表示にする