J's Journal

世の中の”面白いこと”や”楽しいこと”を発信するブログ

スポンサードリンク

標準ズームレンズ EF24-70mm F2.8L II USM 購入!

f:id:ryohei_j:20161006141212j:plain

キャノンの標準ズームレンズの中で最上位となるEF24-70mm F2.8L II USMを購入した!
今まではズームレンズを一本も持っておらず、単焦点レンズ三本(35mm、40mm、50mm)で撮影していた。
でも、セブ島に留学し様々なものを撮影するには、ズームレンズがあった方が絶対にいい!と思ったのが購入の理由。

初のズームレンズ、そして初のLレンズということで大興奮!

単焦点レンズ or ズームレンズ 

www.js-journal.com

僕がAPS-Cからフルサイズ(6D)にステップアップするにあたって、購入したレンズは35mm単焦点だ。

その後は50mm、40mmと2本の単焦点を買い足した。
ズームではなく単焦点を使用してきた理由は下記の通り。

  • 迷わない:どの画角で撮ろうかと考えることがないので素早く撮影できる。
  • 軽い:6Dとの組み合わせだと1,000gを切る。
  • 安い:上位レンズでなければ、数万円で購入できる。

休日にどこかへ出かけて風景や友人などを撮影するには問題なかったのですが、日常生活の変化によって考え方も変わり、標準ズームが欲しいと思うようになった。
理由は下記の通り。

  • 結婚式などのイベントに出席することが増え、ズームじゃないと撮影が難しい。素人には「一眼レフカメラを持っている=いい写真を撮れる」と思われるし、「僕が持っているのは単焦点レンズといって、ズームは出来ない」と言ってもなかなか理解されない。
  • 極力、モノを持ちたくない。近年ブームになった「断捨離」や「ミニマリスト」の影響を受けて、僕自身もモノを持たない方が楽なんじゃないかなと思っている。今までは、3本ある単焦点レンズから1本を選んで持ち出すというスタイルだったが、標準ズームレンズが1本あればたいていのものは撮れる。

というわけで、標準ズームレンズを購入し、今まで使っていた単焦点レンズは全てもしくは1本だけ残して売ってしまおうかなと。

F2.8 or F4.0

f:id:ryohei_j:20161006141204j:plain

これは迷うことなく、F2.8でしょ!
明るいは正義!

重さや大きさ、そして価格など、ネックになるポイントではあるけど、どうせ買うなら明るいレンズじゃないと気持ち的にもスペック的にも満足できない。

今まで比較的明るい単焦点レンズを使っていたのに、開放でF4.0では物足りないよ。
周辺減光を考慮して絞ったらボケないし、シャッタースピードが落たりISOが上がるというデメリットもある。

単焦点レンズは売却…?

40mmを売却するのは確定。

35mmと50mmをどうするか。

どちらかを残すか、どちらも売却するか。

決断できてはないが、どちらも売却しようかと考えている。
単焦点を持ち出して撮影するような場面が想像できないからだ。
一眼レフを持っていくのが億劫であれば、GRがあるし。
なにより、極力モノを持たずに暮らすというポリシーに反する。

もう少しだけ悩んでから決めよう。

製品レビュー…?

そんなものはないよ。

発売から数年経った今頃、素人の僕がスペックだとか感想をあーだこーだ言うつもりはない。

個人的には散々悩んで色々考えて買ったんだから大満足だよ!

もし迷ってるなら買え!

標準ズームレンズを買って後悔することなんて絶対に無いんだから!

cweb.canon.jp

これから

f:id:ryohei_j:20161006141200j:plain

もうすぐセブ島に留学するから、行く前に家族や飼っているネコを撮っておきたい。

向こうに行ってからも、風景や食べ物や人をたくさん撮りたい。

留学を終えてからも、世界中を旅行したいし、写真を撮りたい。